不動産売却は閑散期が狙い目

            

不動産の売り時を考えた時、大抵の方は3月の決算期に合わせて、不動産を売るのが良いとアドバイスすると思います。

しかし、私が今まで見てきた事例からは、これは間違った考え方です。確かに不動産の売り物件が増えれば、買い手もそれなりに増えます。不動産会社としては3月の決算期に合わせて、仲介件数の実績を上げなければならないので、成約しやすくなるのは事実です。

しかし、売り物件が増えるということは物件の希少価値が下がり、不動産会社も成約を急ぐため、成約価格はどうしても低下してしまいます。

一方で、不動産の売り物件があまり出ていない閑散期は、買い手もそこまで増えることはありませんが、不動産に対する希少価値が上がり、成約価格は上昇しやすくなります。転勤や住み替えなどで、不動産の売却時期がある程度固まってしまう方は別として、敢えて閑散期に不動産会社のアドバイスに従った流通価格で売ることが、成約価格としては1番高値が見込めるのではないかと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です