戸建て・マンション・土地の売り時は3年、あるいは10年から20年が良いでしょう。

            

その理由は、戸建て・マンション・土地に関して固定資産税が加算されますが、この固定資産税が新築後3年間優遇されて安くなっているからです。

また、10年経ってから売れば、特例で売却による利益が出ても、それに対して税金が課されないようになっています。

しかし、注意するべき事は、戸建てで築20年、マンションで築25年が経ってしまいますと、この特例を使えなくなってしまいます。その為、3年経ってから売るのか、10年から20年で売るのかを考えて計画を立てて行わなければいけません。

固定資産を売却した時の利益は、比較的大きく、売却益に税金が課された場合、多くの税金を支払わなければいけなくなってきます。その為、控除を受けられるのであれば、最大限に控除を受けて税金を安く抑える事は重要です。

但し、税制面だけでなく、買いたい人にとって魅力的な物件になっている時が売り時でもありますので、家が古くても住むのに十分な機能性が備わっていれば、高く売れる可能性があります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です