不動産は東京オリンピックの年に売るのではなく2019年に売った方がお得です。

            

不動産は東京オリンピックの年に売るのではなく2019年に売った方がお得です。
2017年の現在不動産はかなり価格が高騰していてバブルに近い空前の勢いになっています。しかし日本の経済はずっと停滞し続けていて政府発表では緩やかな上昇を続けているとしていますが実際は消費支出が落ち込みエンゲル係数が高くなっているので食品にかなりのお金を使う傾向になっています。それでいてサラリーマンの賃金は緩やかな上昇を続けていますがその分社会保障などの税金が増えていて実質の賃金はあまり上がっていないのが実情です。将来不安が増大しお金を使わない人たちがどんどん増えているのです。
現在の不動産投資はほぼマネーゲームと言われていて不動産を購入している人達は中国人などの外国人が多いのです。彼らは実際にそこに住むのではなくて投資目的で考えているので売り時がいつになるか考えているのです。2020年に東京オリンピックの時期にピークを迎えるのではなくその1年ぐらい前にピークが来るのではないかと睨んでいる人が多いです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です