同価格帯の物件の販売が近隣にない時は売り時!

            

私は1年半前に都内で一戸建て住宅を中古で売りに出しました。
きっかけは主人のUターン転職です。

その際に5社程販売価格の見積もりに来てもらったのですが、1社だけ400万ほど見積もり価格が高かったのです。
感じの良い営業さんでしたので、他社にも見積もりをしてもらっている事を伝え、販売価格の理由を聞いてみることに。
すると家の状態や立地での評価額ではなく、
“今近隣に同価格帯の売り物件が無いから相場1割増しくらいでも売れる”
という意外な答えが返ってきました。

元々4~5か月くらい先に引き渡しをしたかった我が家。
今すぐ売りに出して引き渡し時期を早めても良いなら、これくらいの強気な価格で十分に売れると言われたのです。
勿論素人の私ですが、どこよりも大きい見積もり価格でもしっかり根拠のある理由にとても納得させられました。
結果、その会社に仲介を決め、提示して頂いた価格のまま販売。
物件情報を公開してからすぐに問い合わせも入り、1週間内に仮押さえ、そのまま値引きする事もなく契約となりました。
数か月の家賃や引っ越し費用を考えても、かなりのプラスです。

勿論、オリンピックの影響での資材費の高騰や、土地の評価額の上昇など様々な理由で物件の売り時というものはあると思います。
ですが“今売りたい”、“数か月後に売りたい”などの事情がある方もいますよね。
そういう方はせめて、近隣の販売物件情報・価格をを確認してみてはいかがでしょうか。

我が家の様に販売時期を数か月ずらすだけで、数百万の違いが出てくることもありますよ!

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です